ちょっとイイですか

100105_011月5日。通勤の途中、お城のお堀で水面の上を歩くカモ(アヒル?)を見た!よく見れば氷が張ってるんじゃん。なーんだ。最近、ますます目が悪くなったようで…。気づいたらまたカメラを出してシャッターを押してた。鳥なんてなぁ。なんで?

我に返ってカメラをバッグにしまったその時だ。車から降りてきた中年の女性から声をかけられた。「ちょっといいですか?」なんて聞いてきたかどうかは記憶にないけど、この人もお城を見学にきたのか?はたまた鳥を見にきたのか?と思ったら、教会の布教活動だった。聖書がどうのこうのって。「オレ、神様信じないから。墓参りもしないしね」そう言って断った。なかなか断れない人もいて、つい入団しちゃう人もいるんだろうね。ただね、“魔物”は存在するよ。ニノックスにいるんだ!知ってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年正月

100104_09謹賀新年!今は西暦2010年。気づいたら正月が終わってる。12月29日に自分の年賀状が完成してポストに投函。年賀状って国民的大行事!遅くなってもやっぱり出さなくちゃ…そんなふうに思っていたら気が焦ってきて、自分でも何を作ってるのかわからなくなってしまった。写真は年賀状のために作ったトラくんたち。

続きを読む "2010年正月"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お諏訪さま

091225_01新発田駅の近くにある神社「諏訪神社」。みなに「お諏訪さま」と呼ばれている。深夜神社を通りかかったら、すでに新年の装い。気分がハイになって、立ち寄ってシャッターをきった。

三脚持ってないから手持ち撮影した。シャッター速度1秒。IXYのオートモードでは露出不足でうまく撮れず、マニュアルモードで撮影した。マニュアルといっても完全なマニュアルじゃなく、露出はオートなんだ。手ブレ補正機能がきいているのか予想していたよりブレてない。最近のカメラは人間の苦手な部分をカバーしてくれるね。

さて、いよいよカウントダウンに入ったお諏訪さま。大晦日の夜には、この門の前にたくさんの参拝者が並ぶ。過去には、並んで待つ参拝者に無料で甘酒が配られたり、年越しそばが配られたり、どこかのラジオ局がやってきて、参拝者を集めてカウントダウンの奇声を上げたり。今年はどんなになるんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイからカキコ

ケータイからの込みちょっとテスト!1行ずつ書き込む掲示板、「1BBS」をマイサーバーに設置してみた。いわゆる、最近流行ってるつぶやき掲示板ってヤツ。ただ、ケータイの絵文字はで見ると文字化けする

http://canopy.atnifty.com/~canopys/1bbs/

ちょっとしたアイディアを思いついた。ホームページに、このBBSを貼り付けてみる。BBSはPHPで組まれているんだけど、そのスクリプトをいじって、入力フォームを削って、本文のみ表示するようにした。どうでしょ。イベント会場でケータイから書き込んだり…こんなスタイル記者っぽくていいかも。Braking Newsなサイトのできあがりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎が原点

080419_14月19日。アイガモ博士のお宅にファル軍曹とお邪魔虫。昼食を食べようということになって外でBBQすることになった。豚肉,牛肉,鳥肉,焼そば,モヤシ,ドリンクを買い込んだ。炭や野菜はア博士のお宅にたくさんあるしコンロなどの道具も揃っている。
まずはコンロの炭に火をつける。ガスバーナーで燃やした。火起こしは軍曹が得意。さすが野営訓練しているだけあってBBQは手慣れたものだ。野外で一通り食べ終わった頃,雨が降ってきたので家の中に入って二次会。ア博士が薪ストーブに火を入れてくれた。とても暖かい…というより暑かった。薪ストーブはア博士の傑作。ある年の大晦日に完成したのだとか。紅白を見ずに作ったのだとか。こんなの作っちゃうんだからスゴイ。ストーブの天辺に円形の蓋がついている。何かと思えば,その蓋を開けてフライパンや鍋を置くと暖められる仕組みになっていた。ファル軍曹がフライパンで焼そばを焼いてくれた。写真は薪ストーブの炎。メラメラと燃えるのを見ていると気持ちが落ち着くね。炎は生活の原点だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灼熱ニコタン

070811_3「ふぅ~っ,暑いねえ」とニコタン。「ココでじっとしていなくちゃいけないんだ。それがボクの仕事だからね」と,苦しい表情ひとつ見せずに今日も頑張っている。何もしてないようで,実は大仕事だったり。簡単なようで誰にもできない。ニコタンは偉大だ!この街のヒーローなんだなぁ。
そ,そうそう。ただ今「ニコタンにがお絵&フォトコンテスト」が開催中なんだった。ニコタンの写真やイラストを新発田ガスさんに送ってみましょう。入選者には素敵な賞品が贈られるらしいよ。
 ・にがお絵コンテスト応募期間:7月1日~9月30日(必着)
 ・フォトンテスト応募期間:7月1日~1月31日(必着)
詳しくは「ニコタンどっとこむ」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4代目「悲劇のひまわり君」

070811_2今年も咲きました!「悲劇のひまわり君」4代目です。平成16年に1代目の種を事務所の庭に捲きました。すくすくと成長する課程で,突然隣にアパートが建ってしまい,ひまわり君は日陰で咲く運命に…とっても悲劇でした。
2代目のひまわり君から,自宅の庭に植えてみたのですが,翌年から種を捲かなくてもひとりで生えてくるようになりました。さすが「悲劇のひまわり君」すごい生命力。今年も「悲劇のひまわり君」は元気に葉を広げて黄色い大きな顔を見せてくれました。そんな「元気いっぱい」を表現してみようと取り組んだワンショットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「五十島トンネル」の解答

国道49号線の五十島にある「五十島トンネル」について,以前,自転車で通った時に,脇を通過する自動車の恐怖感からホントに自転車は通行可能なのだろうかと疑問に思ったので「<みちのなんでも相談広場」に投稿してみることにした。そして解答が得られた。

小僧にゃんさんからのご相談・ご提案

新潟国道事務所の解答を要約すると,五十島トンネルは古いトンネルで歩行者や自転車の通行は考慮されていないものと受け取れる。さらにトンネル内の路肩にある狭い幅の「歩道のようなもの」。これ実は「トンネルの点検時に使用するためのもの」なんだそうだ。うーん,そうだったのか。知らなかった。

>自転車の通行の際には安全対策に十分注意していただき
>通行をしていただくようお願い申し上げます。

安全対策とは,反射板やライト点滅,ヘルメットの着用という意味に受け取れる。装備はいつもバッチリだ。みなさんも道路について思っていることや疑問点があれば,ぜひこの「みちのなんでも相談広場」に投稿してみよう。
何はともあれ正式に自転車が通行できるとの解答が得られたので堂々とトンネルを走りたい。さあ勇気を出して車道を走ってみようか。誰か一緒に行く?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぶっつけ大魔王

070806_38月7日月曜日。朝通勤途中,車に当たってしまった。怪我はない。現場は,市内のある交差点。優先道路をクルセイダー号(ママチャリ)で走っていた。軽自動車が一時停止をしたのが見えた。きちんと停止線で止っていた。とても慎重そう。安心して前を通り過ぎようとしたその時,突然車が発進し「ドン!」と車のバンパーにクルセイダーの後輪軸が接触した。幸い擦った程度でクルセイダーも小僧も損傷ナシ。警察は呼ばなかった。

Uターンして車に近寄ってみるとドライバーは年配の男性だった。助手席に奥さん?も見えた。「怪我はありませんか?」と聞かれ,「大丈夫」と答える。「すみません」と男性。「車,傷ついたんじゃないの?」と心配したら「いいの,いいのぉ」と言葉を残し去って行った。しかしなぜだ。角に電柱があった。これが視界を妨げたのだろうか。それとも高齢であるための判断の遅れだったのかな。まぁいいかぁ。

そう言えば,最近車とのトラブルが絶えない。先日だって深夜,小路から飛び出してきた新聞屋のオートバイと当たりそうになって緊急回避した。そんなことを母に話したら「気を付けなさいよ」と言われた。ただ何をどうすればいいか困惑している。まぁ,通勤だけでも年間2000km以上を走っているのだからいろんなことが起こるさぁ~ね。とりあえず…ヘルメット,グローブなどの最低限の防備は必須だということ。保険証も携帯しておこうっと。

(T字路→交差点でした。07.8.10修正)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海王丸

070805_38月5日,朝練習が終わってひと休みしてから再びふら~っ♪と,今度はピナ君で出かける。目的地は新潟西港。「海王丸」が入港しているらしい。お友達のぢぁりあさんが「Canopy伝言板」で情報を教えてくれた。いつもありがとう!暑いけど無理して行って良かったよ。ちなみに「海王丸」は,「独立行政法人航海訓練所所属の練習帆船」ということだ。

070805_5さて,ルートは,新発田→福島潟→泰平橋→阿賀野川沿い→国道113号線(空港通り)→新潟西港。片道の所要時間は約1時間20分。行きは強い向い風でスピードが乗らず前傾姿勢で走った。泰平橋は相変わらず恐い(←恐怖症かも)。写真は会場の様子。大勢の見学者が訪れていた。この日は船内の見学が行われ行列ができていた。売店ブースが設けられ海王丸グッズもあった。

070805_4ピナくんを駐輪エリアの金網に立て掛けてさっそく「海王丸」に近づき,撮ってみる。これは,船体のクローズアップ。やっぱり帆船は,スキッと晴れた空がよくお似合いだよなー。船体の白と薄茶ってすごくマッチする配色だね。デザイン的に見て美しい!あ,しかし「美しい」と思うのはデザインだけじゃない。自然の力,風の力で推進力を得られること。二酸化炭素を排出しないのが,この船本来の美しさなのだ。

周りにも大勢のカメラマンがいたよ。お友達には出会わなかったけどね。どなたか来てたのかな。みんなうまく撮れたかなー。

070805_6船首に取り付けられた女性像。練習船って男の世界なのか,そうだったら女っけが欲しいところで,このアイディアはGoodかな。でも,露出度低過ぎで大人し過ぎかも。それにしても可愛くない。次に新しく船を造るなら水着の女の子を付けて欲しいぞ。水着は白地に赤い水玉柄がイイな。顔は「メーテル」とか「スターシャ」のノリで(←変なトラックバック来なきゃいいけど)。

足元にかき氷のカップが転がってきた。「ゴミ箱から風で飛んできたのかな」拾おうと地面を見ると,なんとアチコチにタバコの吸い殻が落ちているじゃん。「環境モラルが高まっているのにね。まだこのような人がいるの」などとブツブツ考えながら付近のゴミを全部拾っていると,そばにいた露店の人が感謝して集めたゴミを引き取ってくれた。ゴミは自分で始末して欲しいゾ!!

暑いので20分ほどで退却した。帰りルートは追い風でよく進む。行きの苦労がウソのよう。空港通りで思いっきりペダルを踏み込んだらメーターは40km/hを遥かに超えていた(最高速度はその時に出た数値かも)。平走する車がなかなか追い越せない様子で面白かったよ。スピードが出せる状況ならばガンガン行って正解だ。

●走行距離:61.97Km ●走行時間:2時間25分 ●平均速度:25.5m/h ●最高速度:51.3Km/h

| | コメント (0) | トラックバック (1)