« 自作のAMラジオ | トップページ | ソニーAMステレオラジオ »

山ラジオ

110514_01

今日、ソニーの「山ラジオ」が届いた。ラジオの性能そのものよりも、登山家に焦点を当てたコンセプトが気に入った。専用ケース付き。数あるラジオの中でこれだけ差別化を図った製品は珍しい。登山家でなくても欲しくなる。震災で品薄状態の中、2ヶ月待ちを覚悟していただけに、思いがけなく早く届いたのでビックリ。さっそく梱包をほどいた。その小型さに再びビックリ。ネットで見た印象よりも遥かに小さい。しかもボール紙でできたような軽さ。操作ボタン類が上部に集中しているのでポケットに入れた状態で操作がしやすそうだ。専用ケースは頑丈な造りでデザインがいい。持ち運びに良さそうだ。

110514_10110514_08110514_13

マニュアルを見ないでどこまで使えるか触ってみた。内蔵時計の設定に少し迷った。この手の機器は操作のクセみたいなのをつかめれば、大概はスムーズにセットできる。このラジオもそうだった。時計をセットした後の操作はわりとスムーズにできた。

このラジオのターゲットは山ユーザーだ。山エリアを選ぶと、聞こえる放送局がボタンにセットされる。山エリアの中には、この町から見える弥彦山、飯豊山もある。またよく聞く放送局をマイエリアに登録できるので一般的な使いかたもできる。マイエリアには、7つあるメモリボタンにAM、FM各1ずつ(AM7局+FM7局)をメモリできる。やりかたは簡単。選局したらメモリボタンを長押し(2秒)するだけだ。さっそくNHK第1、第2、BSNラジオ、TBS、ニッポン放送、ローカルFM数局をメモリした。

感度がいい。大型バーアンテナが内蔵されているらしい。自作のラジオよりいいのは明らかだ。小さいスピーカーのわりに音質がいい。しかも単4電池1本で機能している。充電池にすれば完璧だ(ホームセンターで買ってこよう)。内蔵イヤホンのフィット感がイマイチだったので、いつもの慣れたイヤホンを使っている。なお、このラジオはモノラルのみでステレオにはならない。ステレオイヤホンをつなぐと左側だけ音が出ていた。歩くときは両耳をふさぐと危険だからそうなのかも(自転車のときはなおのこと)。

時計機能にラジオのタイマーや目覚ましアラームもある。ボクは枕元にラジオを置くので、この機能は意外と便利。

未だ地震情報が頻繁に伝えられている。震源が大地震の震源地から外側に移ってきている。いつかこのラジオに命を救われることがあるかも知れない。来週から歯医者に通い始めるので、待ち時間に退屈しないな。

|

« 自作のAMラジオ | トップページ | ソニーAMステレオラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84684/51664049

この記事へのトラックバック一覧です: 山ラジオ:

« 自作のAMラジオ | トップページ | ソニーAMステレオラジオ »